レーザー脱毛

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛について理解しましょう

レーザーとは、真っ直ぐに進み、膨大な熱量を持つ性質を持った光線の総称です。どうしても怪獣映画を思い出してしまうのが私の世代ですが、今は一般に医療などに、用いられるようになりました。代表的なのはレーザーメスですね。大変精度が高い上、切開のあとも縫合が必要ありません。焼いて出血を止められるからです。手術器具による感染症の心配がなく大変衛生的です。この衛生管理のしやすさは、脱毛でも同じ事です。

 

先の項で既に取り上げましたが、レーザー脱毛の原理を再度おさらいしてみましょう。体毛の黒もしくは茶を作る色素、メラニンに反応する波長の光を当て、焼き切る形で脱毛するのがレーザー脱毛の大まかな仕組みです。レーザーはアレキサンドライトレーザーなどがよく用いられてきましたが他にも種類がございます。どの機材を置いているか確認しましょう。

 

1度に細胞を破壊することはできないので、数回通う必要がございます。しかし、仕上がりが綺麗で、処理の回数がぐっと減るので人気がございます。ただし色素の無い毛には反応しないので、後からまた生えてくることも有ります。産毛に対応している機材はまだ少ないですね。レーザー脱毛はクリニックにおける医療脱毛とサロンでの脱毛がありますが、医療脱毛の方がやや強い光線を扱うようです。光脱毛と同じように、家庭用脱毛器もございますよ。ただ少し費用がかさみますが。脱毛にかかる時間とお金を事前にチェックして、どれにするかを選びましょう。

 

 

剛毛OLのミュゼ脱毛体験!口コミも調べました